論文試験対策編一覧

論文試験の選択科目の対策の概要について

 この記事では、論文試験の選択科目対策の概要について扱います。論文試験には、選択科目と言うものがあります。これは、必須試験で必要とされる知識分野と別のいずれかの分野についての試験です。具体的には、機械、化学、また理工地等か、民法の分野になります。

論文試験の点数の取り方について(2)

 最終的には、どのような法域、どのような論点に対しても、大多数の受験者が書くような答案を作成できるようになることが重要です。これは、軽く前述しましたが、論文試験の採点は、合格者の大多数が書いた箇所に大きな点数が配点されるという傾斜配点になっている都合です。

論文試験対策の概要について

 この記事では、論文試験対策の概要について扱います。まずは、論文試験は、特許法・実用新案法、意匠法、商標法の3つの試験があります。制限時間は、特許法・実用新案法で2時間、意匠法と商標法とのそれぞれで1時間半ずつです。

スポンサーリンク