一覧

予備校では教えてくれない、論文試験の結果発表後に検討すべき3つのこと。

 この記事は、「予備校では教えてくれない、論文試験の結果発表後に検討すべき3つのこと。」です。  一応は弁理士試験合格から何年か経った中の人が、後悔も含めつつ、論文試験に落ちてしまった場合に、検討したほうがよいポイントについて整理しています。

勉強場所について

この記事では、弁理士試験の勉強場所について扱います。結論から言ってしまうと、各自の一番都合の良い場所で勉強すればよいのですが、自宅でしか勉強をしたことがない方は、まずある程度いろいろ試したほうが良いです。

勉強時間の増やし方について

この記事では、勉強時間の増やし方について扱います。もっとも、当然ですが、勉強時間は、多ければ多いほど良いかと言うと、必ずしもそうではありません。勉強し始めで、とりあえず、全然講座以外全然勉強時間がつけられない人向けの記事です。

論文試験の選択科目の対策の概要について

 この記事では、論文試験の選択科目対策の概要について扱います。論文試験には、選択科目と言うものがあります。これは、必須試験で必要とされる知識分野と別のいずれかの分野についての試験です。具体的には、機械、化学、また理工地等か、民法の分野になります。

論文試験の点数の取り方について(2)

 最終的には、どのような法域、どのような論点に対しても、大多数の受験者が書くような答案を作成できるようになることが重要です。これは、軽く前述しましたが、論文試験の採点は、合格者の大多数が書いた箇所に大きな点数が配点されるという傾斜配点になっている都合です。

スポンサーリンク